女性の薄毛はクリニックでの治療がおすすめ

薄毛の症状の原因と治療について紹介します
未分類

クリニックで治療する

By on 2018年6月8日

薄毛に悩んだら、育毛剤、育毛シャンプー等の自己流ケアを長期間行うことはやめておきましょう。原因が分からないまま使用しても、何の意味もありません。また、症状を悪化させてしまうことにもなりかねません。

薬まずは、勇気を出して、薄毛治療を行っているクリニックを訪ねてみましょう。クリニックでは、薄毛の原因を確かめ、その原因、症状に合った治療を行ってくれます。例えば、女性に多いびまん性脱毛症の治療ですが、主に用いられる治療法は、内服薬になります。内服薬が用いられる前は、外用薬、もしくは頭皮への治療を行うことのみだったのですが、現在は、内服薬を用いた治療というのも行うことができます。ただ、服薬することに抵抗がある方も少なくないでしょう。もし、これまでの治療により内服薬に不安がある方は、有効成分が配合された外用薬も用いられておりますので、一度相談されてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、クリニックでのカウンセリングは無料であったり、相談しやすい雰囲気をつくるため、女性スタッフが担当したりするクリニックも少なくありません。ちなみに、1カ月にかかる費用は、内服薬の場合は8,000円前後から12,000円。外用薬の場合は、10,000円前後から12,000円となっております。


関連記事

未分類

薄毛の症状について

By on 2018年6月2日

昨今、女性薄毛対策商品として様々な商品が売られておりますが、薄毛に悩む女性が真っ先に思い浮かべる商品が、育毛剤、育毛シャンプーではないでしょうか。テレビCMでもお馴染みのヘアケア商品になりますが、これらのヘアケア商品は、薄毛を治療するための商品ではありません。これらの商品をどんなに長期間使用しても、元の状態には戻せません。これらの商品は予防には効果的に働きますが、治療するという点では、クリニックで行うような効果は得られません。この点をしっかりと理解した上で、購入、使用されることをおすすめします。

ポニーテールでは、女性の薄毛の症状についてですが、もっとも一般的な症状は、びまん性脱毛症になります。最初は髪の毛の分け目から目立ちはじめ、徐々に頭頂部全体、頭全体が薄くなります。次に多くみられるのは、牽引性脱毛です。長年同じ髪形をしていることによって、髪が引っ張られることによって、頭皮に負担がかかり、徐々に薄くなります。例えば、ポニーテールです。髪の生え際に強い負担がかかり、生え際が徐々に後退し、髪全体へと広がります。

最後は、ひとう性脱毛症。キレイ好きな女性に多くみられる症状になります。洗浄力の強いシャンプーを使って洗髪することによって、頭皮の乾燥を招き、大量のフケを発生します。そのフケが頭皮の毛穴を詰まらせ、薄毛へと進行します。


関連記事

未分類

クリニックに行くべき?女性の薄毛とは

By on 2018年6月1日

女性薄毛は、男性のみの症状だと思っている女性も少なくありません。ですが、薄毛は、女性にも起こり得る症状であり、見た目をさほど気にしない男性よりも深刻に悩んでしまい、引きこもり、うつ等へと発展する人もいるでしょう。女性の薄毛は、早期発見、早期治療が鉄則です。朝、顔を洗う際、生え際が気になることも出てくるのではないでしょうか。また、シャンプー時の抜け毛が多い、髪をとかす際、櫛につく髪が増えてきた、頭頂部が薄くなってきたせいでセットしにくくなった等の不安を持った人もいるでしょう。

実は、これらの症状は、すべて薄毛に通ずる症状になります。薄毛に気づく年齢は主に、更年期を迎える30代から50代の女性に多いとされております。のぼせをはじめ、寒気や動悸、頭痛、肩こりなどが挙げられます。更年期の症状には、これらの症状は自律神経失調による症状、精神的な症状等に分けられますが、すべて更年期に見受けられる症状になります。

更年期は、女性にとっては、自分自身の身体を見直すことのできるきっかけであり、転換期になりますので、何かしらの症状を実感した時は、まずは食生活、生活習慣の見直し、クリニックでの治療を検討しましょう。では、更年期の薄毛の原因についてですが、原因には、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、生活習慣が大きく関わっているとされております。更年期を迎える年齢になると、どなたでも、多かれ少なかれ何かしらの症状を感じるものですが、その一つが、薄毛の症状になります。


関連記事